茨城県つくば市のむつみ農園 いちご狩り! 予約1日4組限定の理由とは?

茨城県つくば市むつみ農園のいちご狩りのヘッダー写真

知り合いの野菜ジャーナリストさんが主催する『むつみ農園 ×フレンチレストラン』のイチゴフェスタに参加しました。前に、東京中目黒 はな豆でのフェスタに参加して、むつみ農園の新鮮ないちごがとてもおいしかったからです。

今回はじゃらんデビュー記念で、ランチのフレンチコースは2018年度のみですが、いちご狩り体験は、現在もじゃらんで予約可能。

むつみ農園では、普通のいちご農園では味わえない究極のいちご狩りが体験ができます。

    1. 生産者さんと対話型の食べ比べ
    2. 収穫カートに乗って摘み取り体験
    3. いちごハウスの見学

食べ比べでは、10種類のいちごのおいしさが楽しめます。

採れたてのみずみずしいいちごを口に入れた瞬間、幸せいっぱいでみんなが笑顔になる。

その秘訣は、生産者さんの驚くほどのこだわりにあります。

この記事では、じゃらん予約プランいちご狩りの実体験 について紹介します。

いちご狩り 予約プラン・料金・アクセス

じゃらんで予約できるむつみ農園いちご狩りのプラン2つを解説します。
プランの内容や、アクセスなどもわかりますので、ぜひ参考にしてください。

①【いちご狩り+お土産付きプラン】

10種類のいちご食べ比べ&収穫カートに乗ってお土産いちご摘み取り体験
【桃薫・いばらキッス・福羽いちご他】

私が参加したプランです。
記事後半で、たくさんのイチゴの写真を載せて詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてください。

料金 5,900円(税込)
開催期間 2020年01月18日~2020年03月31日の金土日
所要時間 2時間
対象年齢 7歳以上
集合・体験場所 むつみ農園  茨城県つくば市栄586

⇒ じゃらんでむつみ農園のいちご狩りプランを見てみる

②【年間オーナープラン】

12か月間毎月農業体験をしよう! どっぷりむつみ農園 特別プラン(冬にはいちご狩りも)

いちご好きにはたまらないプラン♪ 他の作物とも触れ合えます。
体験期間は初回来園から1年間。毎月季節に合わせた農業体験が行えます。

【年間スケジュール(予定)】
1月:もみ殻燻炭(くんたん)焼き芋体験
2月:苺食べ比べ体験
3月:苺収穫体験
4月:ジャム作り体験
5月:田植え体験(第4日曜)
6月:さつまいも苗植体験
7月:苺苗作り体験
8月:お休み(予定)
9月:稲刈り・おだかけ体験
10月:苺定植体験
11月:さつまいも堀り体験
12月:焼き芋体験 or 苺食べ比べ体験

料金 29,800円(税込)
開催期間 2019年12月16日~2020年12月31日(水曜定休)
所要時間 3時間
対象年齢 7歳以上
集合・体験場所 むつみ農園  茨城県つくば市栄586

⇒ じゃらんでむつみ農園のいちご狩りプランを見てみる

現地までのアクセス方法や、むつみ農園周辺の地図は、下記を見てください。

アクセス ・地図

① お車の方

無料駐車場があります。

② 公共交通機関

電車+バスを乗り継ぎます。
バス停からむつみ農園までは徒歩約10分。

電車を降車するつくば駅前からバスが発車します。
時刻表・路線図は、下記を参考にしてください。

< 電車 >

    • 電車時刻表:つくばエキスプレス(秋葉原発)

    • 所要時間:つくば駅まで 快速で45分 普通で57分(通快・区快もあり)

    • 全車両運賃(片道)
      きっぷ:おとな 1,210円  こども 610円
      ICカード:おとな 1,205円
        こども 602円

< バス >

つくバスは、つくば市が運営するコミュニティバスです。

つくバスの写真

< 地図:茨城県つくば市むつみ農園 >

むつみ農園について

むつみ農園の全体写真

茨城県つくば市のむつみ農園は、筑波山が見渡せるのどかな場所にあります。
贈答用のいちごを栽培しているむつみ農園は、普段は人が入れません。いちごに付着した花びらをピンセットを使ってとるなどの丁寧な作業をしています。

一粒一粒のいちごと向き合い、大切に育てている園主 酒井さんは、いちごに対する深い思いと愛情をもっています。

● むつみ農園 酒井さんのこだわり

  • 農薬不使用
  • 量より質を重視
  • 機械に頼らない温度調節
  • 普段はハウスに人を入れない。マンツーマンのいちご狩り
いちごへの思いを熱く語るつくば市むつみ農園 酒井さんの写真
いちごへの思いを熱く語る酒井さん

いちごの食べ比べ・品種

むつみ農園では、 日本のイチゴの元祖「福羽」、話題の「桃薫」など希少品種を含む15種類以上のいちごを栽培。その中から、食べごろの10種類のいちごを楽しむことができます。

同じ品種でも、大きさの違いでどう違うか? 摘み取った時間帯でどう違うか? の食べ比べもします。 直接、生産者さんからお話が聞けて、とても勉強になります。

☆ 注目の品種

ロマンス

むつみ農園オリジナルの白いちご
6年がかりで作りあげたという酒井さんのロマンがつめこまれている。

種がピンク色で全体が白い色をしている。熟すとピンク・黄色がかり、バラのような香りや風味が特徴。

「初恋の薫り」という白いちごから選抜。まさに初恋の甘ずっぱい味がしそうですね!

白いちご ロマンスの写真

桃薫(とうくん)

淡いピンクの色合がきれい。桃のような味でココナッツのような香り
他のいちごとはひと味違う違うむつみ農園イチオシのいちご!!

いちご 桃薫(とうくん)の写真

いばらキッス

茨城県のオリジナル品種。
酸味と甘みのバランスがとても良く、食べ比べではいつも1,2位を争う人気品種!

いばらキッスの写真

福羽苺(ふくばいちご)

明治時代に、新宿御苑で生まれた日本初のいちご!

あまおう・女峰・とちおとめ など、現在の主要品種のルーツ。100年前にフランスの「ゼネラル・シャンジー」といういちごから品種改良された国産第1号の希少品種。細長いのが特徴です。

福羽苺(ふくばいちご)の写真

恋みのり

2017年に登録出願されたばかりの新品種!

大きめの果実で淡い赤色。歯ごたえのある食感で、やや酸味がありさっぱりしている。コロンとした形がかわいい。

いちご 恋みのりの写真

☆ 他の品種

生産地特有のオリジナル品種や、古い品種で今は市場に出回らない希少品種など盛りだくさんです。

品種 特徴
おおきみ 漢字では「大王」。その名のごとく極めて大きな果実オレンジがかかった赤色で、甘くてみずみずしい。
ひたち姫 常陸(ひたち)の国 茨城県だけで作られている品種。
生産者が少なく、市場にはあまり出回らない。母親のとちおとめより少しやわらかく、長めで甘い。
とちおとめ 栃木県生まれ。東日本トップシェアを誇る定番品種。
酸味と甘みのバランスが良く、形も整っている。
紅ほっぺ 静岡県生まれ。濃厚な甘さが特徴で、ほっぺが落ちるほどのおいしさが名前の由来
やよいひめ 群馬県のオリジナル品種。
淡い赤色で酸味が少ないが甘く感じるいちご。
レッドパール つややかで鮮やかな色味。大粒で果肉の中まで赤いのが特徴。やわらかくてみずみずしい。
おいCベリー その名の通り、ビタミンCを多く含む。7粒で1日分のビタミンCがとれるとされる機能性いちご。ポリフェノールも多く、抗酸化作用が高い。
もういっこ 鮮やかな紅色で大粒。すっきりした甘さで、つい「もう1個」食べたくなることから命名。
よつぼし 日本で初めて実用利用された種子繁殖型の品種。
果肉の中も赤く、ほのかな甘みが広がる。
麗紅(れいこう) 1976年に千葉県で生まれた品種。女峰の親品種
王香(おうこう) 1987年に登録された古い品種

どの品種もそれぞれに良さがあり、優劣つけがたし!
あえて選ぶなら、私は「いばらキッス」でしょうか。
酸味と甘みのバランスが抜群!!です。

いちごの摘み取り体験

いちごハウスにある収穫カートの写真

通常は入ることができないいちご畑でいちご狩りができます。むつみ農園のいちごハウスは、びっくりするほど清潔に保たれています。こんなにきれいないちご農園は見たことがありません! いちご畑に入るには3つのルールがあります。

土足厳禁

ハウス内にシートが敷きつめられ、いちごが泥で汚れないようにしています。
入口に置いてあるスリッパにはきかえます。

いちごハウスに入るための履き替え用スリッパの写真

手袋着用

いちごは手づかみ禁止手袋を着用してハサミで茎を切ります。
いちごをさわった部分に指の圧力がかかり、手の脂がついて傷みやすくなるからです。

手袋をしていちごを持っている写真

ハウスに一度に入れるのは4人まで

収穫用のカートに乗っていちごを摘み取ります。 収穫カートのかごに計りがあり、1パック250gくらいを目安に収穫します。

収穫用カートに乗った写真

摘み取ったいちごを自分でパッキング!

今回は、「いばらキッス」を摘み取りました。
おみやげに、小玉の紅ほっぺを1パックいただいたので、合計2パック持ちかえります。

摘み取ったいちご1パックとお土産用いちご1パックの写真

今まで行ったいちご農園は、時間内に食べ放題というスタイルでした。
酒井さんのこだわりのいちご畑で、貴重ないちご狩り体験ができました。

オーナー制度のハウス見学

オーナー用いちごハウスの写真

むつみ農園は、つくば市の「農産物オーナー制度」に参加しています。オーナーになった人は、いちごの苗作りから収穫までの全てを体験することができます。いちご好きにはたまらないですね!

「農産物のオーナー制」は、オーナーとして農作物の樹や区画を年間契約し、その栽培等の作業に関わりながら、収穫や加工までを一貫して楽しめます。
(農作物の普段の手入れは生産者が行います。)
収穫量に応じてオーナーとなった生産物もらうことができる制度です。

引用元:つくば市

じゃらんからオーナープランに参加することもできます。

じゃらんでむつみ農園のいちご狩りプランを見てみる

ハウス内では研究用も含め、約25種類のいちごが栽培されています。

ハウスの奥には、受粉のために蜂の巣箱があります。見学時も、いちごに手を触れてはいけません。服などがひっかかって枝が折れてしまっても、いちごは赤くはなります。しかし、栄養が行き届かず甘くなりません。

つくば市むつみ農園の口コミ・評判

私がいちご狩りをした日は、日本テレビの取材が入りました。
参加者がいちごを口にした瞬間、顔がほころびます。
私もチラッと映っています(笑)

動画再生時間:2分13秒

☆ じゃらんの口コミ

予定の10種類より多く食べ比べできたり、サプライズでいちごランチをいただいた方もいますね。生産者さんとのほのぼのとした交流がうかがえます。

今まで自分が過去に行ったいちこ狩りとは全くちがう体験ができる
素敵ないちご狩りでした。
二月の中旬、この日はラッキーなことに、12種類が食べ比べでき、
オーナーさんご夫妻の軽快なトークで様々ないちごについての
味や食べ方、栽培方法、発祥についてお話しいただきました。

カートを使っておこなう摘み取りも楽しく、清潔に愛情をもって生育しているいちごは、本当に美味しかったです。
お土産いちごも沢山いただき、有難うございました!
来年もまた、ぜひうかがいたいです。

じゃらん – すべてが楽しかったイチゴ狩り 

本当に優しいご主人と奥様で、サプライズでいちごのランチもごちそうして頂きました。
本当にいちごを大切に育てられているのが農園を見るだけで、わかりました。

またぜひ、伺いたい農園です。今年も、10回はいろいろな農園に行くぐらいいちご好きですが、
むつみ農園さんは私の中で一番好きな農園さんになりました。

じゃらん – お世話になりました。  

⇒ じゃらんでむつみ農園のいちご狩りプランを見てみる

つくば市むつみ農園の直売・問い合わせ先情報

楽天】 むつみ農園

商品名

premium 桃薫&いばらキッス いちご
★売り切れ

価格 19,800円(税込)
産地名 国産(茨城県産)
内容量 24~30粒
保存方法 冷蔵庫で保存
備考 遺伝子組換えではありません
店舗運営責任者 酒井 成人
店舗連絡先 mutsumi-15en@shop.rakuten.co.jp

【直売】東京 新橋駅前 港区生涯学習センター「ばるーん」広場

酒井さんから直接いちごが買える、都内で唯一の場所!
採れたての完熟いちごを直売しています。

開催時期:11月から翌年3月の水曜日 午前11時~午後6時半
開催週は月ごとに異なるので、日程は下記にてご確認ください。
つくば市役所 029-883-1111(代)

場所:港区生涯学習センター(ばるーん)広場
JR新橋駅烏森口出てすぐ↓

ただし常連客が多いので、売り切れゴメンになることも。
できれば、お昼すぎくらいまでに行かれることをおすすめします。

【むつみ農園】問い合わせ先

  • 住所: 茨城県つくば市栄586
  • 代表者:酒井 成人
  • TEL:029-857-2774
  • FAX:029-857-2774
  • 営業時間9:00 ~ 17:00

まとめ

酒井さんの写真

「いちごは自分の子供のようなもの」とおっしゃる酒井さん。
一粒一粒のいちごと向き合う酒井さんの思いが伝わるいちご狩り体験りでした。

普通のいちご農園ではあじわえない究極のいちご狩り。機会があれば、ぜひお楽しみください。
そして、あなたのお気に入りのいちごを見つけてくださいね!

⇒ じゃらんでむつみ農園のいちご狩りプランを見てみる

いちご狩りの後、同市内の人気フレンチレストラン ル パパ グルウトン(Le Papa Glouton)で、苺づくしのフルコースランチを楽しみました♪ 前菜からデザートまで、全てのお料理にむつみ農園のイチゴが使われています。

イチゴとの意外な組み合わせがあったり、自分で作るお料理の参考にもなります。
よかったら、こちらの記事も見てみてください。

Hearty
Hearty

むつみ農園と野菜居酒屋のコラボもありました。
意外にも、いちごは和風料理とも合うんです!

よかったら、こちらも見てくださいね。

最初のコメントをしよう